日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


海老蔵の処分。

 私生活上の刑事事件で、労働者が懲戒処分を受けることはある。理由はそれによって、企業の社会的評価を低下させ、企業の円滑な運営に支障をきたす恐れがあるからとされている。しかし、処分をする時期については慎重になされなければならない。特に、有罪、無罪を争っている場合はなおさらである。客観的に起訴や判決を待つまでもなく、事実関係が明白であるならばともかく、そうでない場合は捜査が一通り終わって、起訴されるかされないかが決まるまで待つのが通常であろう。
 ところが、今回の市川海老蔵の場合は違う。海老蔵は自分は手を出していないし、一方的に殴られたのであり、あくまで被害者であると述べている。そして、事件の具体的な詳細は捜査中であるということで答えを避けている。一般の企業が一般の従業員に下す処分ならば、慎重に行わなければならない時期である。にもかかわらず、松竹の迫本社長は「今後期限を定めず、海老蔵の出演を見合わせる」という処分を下してしまっているのである。海老蔵が正月花形歌舞伎には出演したいとコメントしていた事実からみれば、これは松竹が海老蔵の意向を押し切って下したものとみなせよう。
 一般のサラリーマンが起こした刑事事件ならば、この段階でのこの処分はありえない。まして、酒の上での喧嘩沙汰ならばなおさらである。しかし、今回事件の当事者は市川海老蔵という歌舞伎界の大名跡を背負った役者である。一般の私人というわけにはいかない。半ば、公人という面もなきにしもあらずである。公人ならば、一般人と同じ処分基準というわけにもいかない。より厳しい処分であっても仕方はあるまい。それならば、通常の時期を早めて、松竹が処分を下したのも、それなりに合理性があったというべきか。
[PR]
by nogi203 | 2010-12-13 14:22 | 労働基準法の穴
<< 公共事業を増やせ! 北の砲撃。 >>