日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


尖閣諸島波高し。

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で中国政府は強行な態度を崩さない。政府間レベルだけでなく、民間レベルにおいても各種イベントの中止を通告してきている。中国政府としては、それで日本側が困ったことになると思っているのかもしれないが、中国側にも困った事態が生ずる恐れもある。その一つが多発する労働問題への対処である。
 中国での労働問題は主に中小企業において多発している。理由は中小企業の事業主が労働契約等の労働関係法をよく理解していないためであるという。就業規則の作成、周知が成されているのかどうかも気に懸るところである。
 労働問題を管轄する中央官庁としては、人力資源和社会保障部という機関があるらしいが、地方への統制力は緩やかであるようである。即ち、省および県には法律の範囲内ではあるが、条例制定権があり、地方独自の労働行政を行っているらしい。しかし、問題は労働行政を支えるための人的な供給が間に合わず、他の行政分野の者が掛け持ちで労働行政を担当しているという。それでは、労働問題を専門的に解決することは困難であり、問題が多発するのも当然である。そこで、中国政府が目をつけたのが、日本の社会保険労務士制度である。社会保険労務士制度は労働紛争を未然に防ぐために役立つ制度である、という認識が中国政府にあったのであろう。
 本年、8月4日、社会保険労務会連合会は中国側の要請を受け、中国を訪問した。そこで、社会保険労務士制度の説明を受けた中国側はこの制度に大きな期待を持ったようである。労働関係局副局長、趙国君氏は「目の前が明るくなった。この内容を上司(副大臣)に報告したい。可能なら日本を訪問し、常凱教授(中国人民大學教授)の協力を得て研究したい」とまで述べている。
 そこに今回の尖閣諸島沖の中国漁船問題である。中国政府は一方的に政府間および民間レベルの交流を中止すると発表しているが、その中から、労働問題の関係者だけを除くと言うわけにはいかないであろう。そして、それらの人々が訪日できないとなると、労働問題の多発という緊急の課題は見送りにせざるをえないということになりかねない。となると、労働問題への対処方法は従来通、強圧的な手段に拠るしかない。当然、労働者の反発は強くなるし、中国社会の不安程度はいよいよ増すことになるのではないか。交流中止で困ったことになるのは日本側だけではないのである。
[PR]
by nogi203 | 2010-09-23 13:35 | その他
<< ノーベル化学賞受賞。 デフレはそんなに悪いのか。 >>