日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


148年前の上海。

 上海で万博が開幕した。中国の繁栄を象徴したものだそうであるが、今から148年前(文久2年) 高杉晋作が行ったときの上海はどんな様子であったか。以下、宮永 孝著 「高杉晋作の上海報告」より

 「黄浦江の水,極めて悪し、コレラ菌の発生源ともなり。使節のうち半数は下痢症状を訴え,死者も出る。黄浦江,犬、馬、人間の死体流れる。住民,汚物を全て江に捨てる。」(死体が流れていたのは、太平天国の乱のため。高杉,幕府の貿易調査船千歳丸256トンに賄賂を使って乗りこむ。文久2年4月出航、乗員日本人50名、英国人15名,蘭人1名)

 文久2年5月6日(1862年6月3日)長崎出航より8日目に到着。一同船舶の多さにびっくり。

 上陸後一同、まずオランダ領事館に赴き,積荷目録を提示。一同行くところ野次馬むらがる、ちょんまげ帯刀姿故。一方,日本側も清国人の辮髪を見て「頭に数尺の尾を垂れ」と嘲笑。

  幕使一行,上海道台府へ通商交渉に出向く。ついでに街の散策許可を得る。ただし,長髪賊が横行しているため城外に出ることを禁じられる。
 一行、散策中、商店に日本製のさかづきなどを発見、また「おはよう」などと声を掛けられることもあり。

 当時、上海租界内に太平天国の乱を逃れ、移住してきた流民多し.その数陸上に数十万、黄浦江に数万、輸送路を閉鎖、よって上海、物資不足に悩む。
   
 一行、月メキシコドル120ドルで宏記洋行(ホテル)を借し、宿舎とす。
 高杉はじめ一行、しばしば清国人と会談。主に筆談による。
 難民、書画を売りつけるため、たびたび宿舎に来訪。
 高杉、書籍を頻繁に購入。
 使節、商店街を遊歩中、便意をもよおし、馬の飼葉桶にてすます。
 一行のもとには横浜発行の外国語新聞が、日本の国内ニュースを知らせていた。
 高杉、アメリカ商人の店で「七穴銃」を買い求める。
 練兵場の見学もしばしば、高杉アームストロング砲を見る。
 黄浦江に給水船が航行していたので、千歳丸出航に先立ち、購入。1トン、メキシコドル1ドルなり。
 黄浦江から長江入口までは引き船に頼る。その料金200メキシコドル、水先案内人へメキシコドル60ドル。

 文久2年7月5日(1862年7月31日) 帰国の途へ。
 文久2年7月14日、帰着。

 高杉晋作「遊清五録」を残す。
 「支那人は外国人の使役のため、英仏の人,市を歩行すれば,清人皆避けて傍に道を譲る,実に上海の地は支那に属すると謂えども、英仏の属地と言うも可なり。」

 高杉晋作「上海掩留日録」
 「各階層の清国人と友誼を深めること多く、数多くの会話,筆談から清国事情を知悉するに到る。しかれども,上海城内の不潔さ,清国官憲の腐敗,堕落には辟易、さらに植民地化された租界内における清国人の西洋人に対する卑屈さを見,日本の性急な近代化の必要を悟る。

 以上。
 
[PR]
by nogi203 | 2010-05-03 14:37 | その他
<< 5年目の労災申請。 一枚上手。 >>