日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ワイドスクランブルより 山岡久乃さんとの会話

 水前寺清子さんと山岡久乃さんによる「ありがとう」の思い出話。 なお、中は中村克弘アナウンサー、近は近藤大博さん。

中「さあ、今週はですね、チータのワイドな仲間達、ドラマ「ありがとう」シリーズの
  お客様に来ていただいておりますけど、今日は、どなた?」
水「今日はもう、「ありがとう」といえば、この人しかないという方で、日本一のお母
  さんです。山岡久乃さん、どうぞ!」
 「ありがとう」の唄が流れて、山岡さん登場。
山「お久しぶりで---」
水「どうも、すいません。おいそがしいのに。ありがとうございます。」
  お母さん、変わんないなあ」
山「いいえ、変わってますよ。」
水「変わってないよ、ぜんぜん。
  あっ、ちょっと待って、お母さん、ちょっと待って。
  実は、8月のお誕生日、ちょっと早いんですけど、
  お誕生日、会えないと思いますので」
山「まあ、よく覚えてくださいまして、ありがとうございます。
  いただきました。」
  水前寺さん、山岡さんに花束を贈る。
水「今日、ちょっと長いんですけど、最後までお付きあい下さいませ。」
山「よろしく、ご指導のほどを。」
水「うわあー、お母さんです。」
山「ふっ、ふっ、ふっ」(笑い)

水「さて、今週は「ありがとう」で大変お世話になった皆様ですが---、もう、お世話
  になりっぱなしの方でございまして---、今日はどうしようかと思ってるんです
  が、あのぉ、今日のお客様は山岡久乃さん、というとなんとなく違うんで、お母
  ちゃん、よろしくお願いします。」
山「よろしくお願いします、新(あらた)。」
水「新ちゃんだって。(笑い)
  えー、新、光、愛、---ね。必ず、お母ちゃんと呼ばしてもらって---。」
山「そうですね。」
水「想い出がいっぱいあります。」
山「そうですね。」
水「つい、こないだみたいですね。」
山「二十何年前なんでしょ。」
水「二十六年になるんですよ。
山「嫌ですね」 
水「あっ、これは最後!」
(第三部、魚平の一場面が画面に出る)
山「そう、魚屋は最後ね」
水「そうですね」
山「これは看護婦さん。私が付き添い看護婦さんね。」
 (第二部の画面が出る)
水「そう、お母ちゃんに怒られるんですよ、いつも、怒られてばっかりで---、なん
だか、あの、本当と役柄といっしょになったりしちゃって---。」
山「これ最後ね、部屋で二人っきりだったのね、このシーン。」
 (第二部、アパート、古山家の部屋で二人が向かい合っている場面。しかし、こ
  ここ に出てきた場面はラストシーンではない。山岡さんの勘違いと思われる。)
水「そうなりたい。
  泣いた?」
山「あの頃は、やっぱり、いそがしくなかったこともあるんでしょうけど、カメラマン
  さんも照明さんもメイクさんも、みんな、このシーン撮ってる時、泣いているん
  ですよ。そういうふうに容れ込んでるパワーというものが、やっぱり、画面から
  ---、だから50何%もとったんだと思うんですけどね。
  やっぱり、そういうものが、今、欠如してますね。一つのものを造るのにね、み
  んながもっと、のめり込まないと、いいものができないのじゃないかしら。」
水「でも、私、お母ちゃんといっしょに出たうちで、一番想い出で残っているものは
  三つシリーズがありましたけど、必ず一回は平手打ちがくるんですよ」
近「平手打ち?」
水「お母ちゃんのね---」
近「本気で殴るんじゃないんでしょ?」
水「本気で殴るんですよ、しなやかな手でね。
  痛いのよ。入るのよ。本番まで殴らないって言ってるのよ、空振りするから、
  顔、よけろって。本番でびしっと!」
  いつも、ありがとうございました。」
山「しょうがないね。」
水「しょうがないね。」
山「親だから。」
水「そう!うん、うんだって。でも、想い出がありすぎて、何をいっていいか。
  お母さんに会うと,本当にね、すぐ、もう、二十六年前に戻ってしまうのね」
山「そうねぇ」
水「何なんでしょうね、これって?」
山「この頃ね、あのぉ、女の人で働いて、そいで、いるお母さんって少なかった
  ですよ、ですから---、お母さんも働いて、お父さんがいなくて、母子家庭で
  、両方働いているっていうのが、ちょっと珍しかったですね、設定が。」
中「山岡さん、お母ちゃんから見た娘さんはどういう娘さんですか?」
山「いや、役者としては抜群でしたよ。稽古なんか来れないんですよね、いそが
  しくてね。あの、一日一歩って歩いてますからね。(笑い) 本番だけしか来な
  いんですけどね。始め、心配していたんですけどね、なんの、なんの---、や
  っぱり、本番役者ですよ。やっぱりね、歌をうたってというのは、何分かの詩
  を人生として---、美空ひばりさんもそうですけど、歌手というのはすばらしい
  と思いましたね。ほめてんのよ。」
水「そんな、誉められたことないんだから。
  でもね、あの、お母さんはいろいろな賞をもらっているし、紫綬褒章いただい
  たり。」
山「年をとるとくれるの。」
水「違う。若いとき、芸術祭賞もいただかれたし、菊田一夫さんの賞も---、すご
  ですね、やっぱり。」

 つづく
[PR]
by nogi203 | 2005-04-07 14:24 | ドラマ ありがとう
<< ワイドスクランブルより 山岡... ヘルパーさんに労災認定 >>