日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ある労災認定。

 昨年10月,厚木労働基準監督署がある労災認定を行っていた。
 電気設備会社に勤務していた男性が,作業中に使用していた有機溶剤が原因でめまいや頭痛を発症するようになった。その後,化学物質過敏症で視力が低下し,視野が狭くなる中枢性眼球運動障害と診断された。男性は労災で障害認定され、一時金約350万円の支払いを受けたという。
 一時金ということは,障害等級は8級以下ということである。では、何級なのか。
 労働者災害補償保険法施行規則、別表1の障害等級を見ると、第9級の3に以下のように書いてある。
 「両眼に半盲症,視野狭窄又は視野変状を残すもの」
 視野が狭くなる中枢性眼球運動障害と診断されたのであるから、おそらくこの第9級の3に該当し,一時金約350万円の支払いを受けたのであろう。では、約350万円の支払いを受けたというのであれば,この男性はいくら給料および賞与を貰っていたのであろうか。それを計算してみる。

 障害等級9級で受けられるものは以下の通りである。
 労災からの保険給付として,障害補償一時金が給付基礎日額の391日分。(給付基礎日額は労働基準法12条の平均賃金に相当する額であるから、被災前3ヶ月に支払われた賃金総額を当該期間の総日数で割った額となる。)
 労働福祉事業から障害特別支給金が,第9級で定額50万円。
 同じく労働福祉事業から障害特別一時金として、算定基礎日額の391日分。(算定基礎日額は被災日以前1年間に受けたボーナスの総額を365で割った額である。ただし、ボーナスの総額が給与の年額の20%に相当する額を超えるときは,給与の20%を算定基礎年額として、それを365で割った額を算定基礎日額とする。)
 以上の3つを合計した額が約350万円であればいいわけである。

 給与および賞与の推定額をいくつか設定し、その推定額に基づいて計算してみると,給与29万円,賞与87万円(給与の3ヶ月分)とした場合、一時金支給額が約350万円に近くなる。計算式は以下の通り。

 290,000円×3÷90=9,667円(当該期間3ヶ月の総日数を90日と仮定する)
 9,667×0.6=5,800円(1日分の補償は給付基礎日額の60%)
 5,800円×391日=2,267,800円(障害補償一時金)

 定額500,000円(障害特別支給金)

 290,000円×12ヶ月=3,480,000円(給与の年間総額)
 3,480,000円×0.2=696,000円(給与総額の20%)
 賞与総額87万円は給与総額の20%696,000を超えているので、696,00を算定基礎年額とする。
 696,000÷365=1907円(算定基礎日額)
 1907円×391日=745,637円≒745,600円(障害特別一時金)

 2,267,800円+500,000円+745,600円=3,513,600円

 厚生労働省の民間給与実態統計調査というものによると、平成20年の男性の平均給与は533万円だそうである。これを給与および賞与にすると、給与35万円,賞与110万円でこの額になる。労災認定を受けた男性は、平均より給与および賞与の低い会社に勤務していたことになる。
[PR]
by nogi203 | 2010-02-24 15:22 | その他
<< 厚生年金基金って何? 外国人力士の在留資格。 >>