日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


勝てる。

 企業年金に関し,日本航空が退職者に提示した案は給付額の3割削減である。もちろん、この提案を退職者がそのまま受け入れるとは思えない。そこで、日本航空は現役社員への年金給付額も53%削減するという案を同時に提案する。削減するのは退職者だけではない、現役社員も同じように削減するのだ、だから、理解してほしい、許してもらえないか、ということか。これで退職者を説得しようということかもしれないが、退職者を説得できたとしても、問題が解決したわけではなかろう。年金給付額を53%も削減される現役社員の問題がある。退職金規定で定められたものを53%も削減されたのでは、現役社員には大きな不満と不平が残る。これは紛れも無く不利益変更である。訴えられることも覚悟しておかなくてはならない。となると、問題は再び,訴えられたら勝てるか,勝てないかということになる。
 日本航空の経営陣は、それを勝てると判断したのではないか。不利益変更された就業規則を同意しない従業員にまで適用させるには、変更内容が合理的なものである必要がある。そして、その合理的なるものであるとは、変更の必要性及び内容を見て,労働者が被ることになる不利益の程度を考慮してもなお,法的規範性を是認できるだけの合理性を有するものでなければならないのである。特に,賃金,退職金など労働者にとって重要な権利が変更される場合,必要性については高度な必要性が要求される。(第四銀行事件判決、最高裁,平成9年2月28日)
 そこで、日本航空の現状を見てみると,経営が危機に瀕していることはいまや周知のことである。企業年金の給付額を引き下げることも、喫緊の課題である。早晩,手を打たなければ,企業そのものが消滅する。となれば、退職金規定の不利益変更を是認させるだけの高度な必要性は十分備わっているとみなせよう。訴えられても、勝てると経営陣は判断したのではないか。
 これが強制的な手段を使って,年金給付額を削減するようなことをすれば、財産権の侵害とされ、訴えられればおそらく勝てない。つまり、日本航空の経営陣は退職金規定の不利益変更で訴えられるか、それとも財産権の侵害で訴えられるか、とを比べ、訴えられても勝てる方を選んだということではないか。
[PR]
by nogi203 | 2009-11-25 14:21 | その他
<< 不安。 通報しなきゃよかったか。 >>