日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本気か。

 10月26日、鳩山首相は所信表明演説を行ったが,その中で労働基本権のことについて触れていた。以下の部分である。
 「国家公務員の天下りや渡りのあっせんについても、これを全面的に禁止し,労働基本権のあり方を含めて,国家公務員制度の抜本的な改革を進めてまいります。」
 労働基本権についてはこのブログの前々回でも触れた。ILOの結社の自由委員会の委員という人が来日し、仙谷行政刷新担当大臣と会談し,大臣は公務員の労働基本権を回復することを言明したという記事である。鳩山首相も所信表明演説で触れたのであるから,これは本気であるということなのであろう。
 労働基本権とは、団結権、団体交渉権,争議権の三つを指す。昭和20年12月,帝国議会において労働組合法が成立可決した時、この労働基本権は公務員にも保障されていた。ところが、昭和23年2月1日、ゼネラルストライキがGHQの命令によって中止される。これを受けて,翌年,公務員の争議権についてはこれを剥奪されることになる。以後,公務員の労働基本権の制約はILO条約違反として指摘され,日本政府はたびたびILOから勧告を受けていたが,政権交代を機会にILOは改めて申し入れてきたということである。労働基本権が回復されるとなれば,実に61年ぶりということになる。
 しかし、公務員の争議権が国家公務員、地方公務員に関係なく回復されるとなると,警察官や消防士が賃上げを要求してストライキを実行するなどという事態も起こりかねない。公務員の賃金引き上げは人事院の勧告に基づいて行われるものであるが、そうなると、人事院の仕事が一つなくなるということにもなる。本気でやるといっても、どこまで踏み込んでやるのか、注目されるところである。
 ちなみに、仙谷大臣は「年明けから本格的に,この問題を動かして実行に移していく」と述べている。
[PR]
by nogi203 | 2009-10-29 14:52 | その他
<< 特別立法。 東アジア共同体。 >>