日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ワイドスクランブルより 波野久里子さんとの会話

 水前寺清子さんと波野久里子さんの「ありがとう」の思い出話。なお、中は中村克弘アナウンサー。

水「さて、えー、チータのワイドな仲間達、今週は「ありがとう」でお世話になった
  方においでいただいてますが、こういうワイドショーは、あまりお出にならない
  方に来ていただいてます。
  すいません、ゲストの波野久里子さんです。」
波「こんにちは、うっふっふ。」
水「こんにちは」
  ありがとうの時は、あまり、しゃべってないですよね。」
波「だって、あなた、おいそがしいから。」
水「いや、そういうことじゃなくて」
波「まず、あの台詞だけで大変。この方えらいのは、二日稽古があっても、お見
  えにならないのよ。」
水「やめて、お見えにならないって」
波「お見えにならないのよ。それで代役の方が全部なさるんですよ。この代役の
  方が、すごい。パーフェクトでしたね。」
水「私に似てるの」
波「似てる」
水「そっくりね」
波「それにえらいのは、二日間のお稽古、代役の方の後、いらしても微動ざも変
  わらずに---」
水「さあ、さあ、今日もそこらへんから、上がったり、下がったりですよ。私のこと」
波「だって、NG、まず出さないでしょ、彼女は。それになんて言うの、止まんなさ
いというの---、あるじゃない、なんていうの?」
水「止まる場所?」
波「場所。寸分違いなく、止まられるんですよ。」
  だから、どのくらい夜中にお稽古してくるわけ。」
水「昨日は、便所が長くなったと言われたんですよ。長くなった時間が---、そこで
  やったんじゃないかって---。」
波「おトイレの中で。」
水「大空真弓さんが言うんですよ。」(笑い)
波「(この番組に)お出になって。」
水「昨日はだいぶ、いじめられたんですけど、今日はやさしいゲストでよかったと
  思って---。」
波「私は、すごい人だなーと思って。それから、本当にあの代役の人がえらかっ
  たですね。」
水「よくやって、いただいてね、ありがたかったです。」
波「だから、お話できないんですよ。台詞を覚えるので精一杯でしょ。」
水「それで、あの----」
波「ああー、出てる!」(第三部、志村愛と中央玉子が並んだ写真が画面にでる。)
水「ああっ、びっくりした。」
波「いやだぁー」
水「同い年が並んでいる。」
波「チータさんなんて、私、男の子かと思ってた、本当に。女っ気なんかなくて、
  あのぉ、中性でしたよ。私、久しぶりに25年ぶりにお目にかかって、イヤリン
  グをつけてんで、驚いた。あれ!チータさんが女になってる。(笑い)
  結婚なさったんですって?」
水「なさったって、。まる七年に---」
波「いいなぁ、女になれるんですね、こういうふうに---。本当にいい旦那様、おも
  らいになったんだ。」
水「こわいですよ、うちのは。」
波「うちのは、何してらっしゃるの?」
水「うちのは指揮者だったんですけどね」
波「やめさせて---」
水「今、私の仕事、全部やってくれてんです。」
波「山椒太夫に---」(笑い)
水「うわぁー、こわいんですよ。」
波「売り飛ばすわけ---(笑い)
  でも、いい山椒太夫にお目にかかってよかったたわよ」
水「鵜飼みたいなもんですよ。」
波「美しくさせてくださったんだから、とりあえず、25年前より美しくなって---。」
水「ちょっと待って、、とりあえずって、何」
波「女の方になってる、女性に---。」
水「困っちゃう----、
  あの、違うことお伺いしたいと思います。
  もう汗、本当に、やっぱり、汗がこんなに、今日も。」
あの、中村勘三郎さん(十七代目)のお嬢さん、それで、新派にあこがれて、
  16歳でお入りになって---。」
波「先代の水谷八重子先生にあこがれて---、入りまして---。」
水「でも、勘三郎さんの----、
  あっ、今、弟の方が出てますよ。」(勘九郎の映像が画面に流れる)
  どんな弟さんですか?」
波「私よりノーマルなんじゃないかな。(笑い) 
  まともじゃないかな弟の方が---。」
水「でも、私、お父様に会ったことがある?」
波「あのね、この方ね、すごい昔から、今でもそうかもしれないけど、非常にこだ
  わるのね、いい意味でね。
  父の中継があったんですよ、髪結新三っていうの。それで、久里子さん、昨日
  、お父様の見ましたよ、とおっしゃるの。スタジオで。だから、ああ、そうですか
  っていったんですよ、生意気に。そうかしらって、あなた、あんな大先輩の勘
  三郎に対して、そうかしらはない、私がいいと思ったし,---お父ちゃん、お母ち
  ゃんとおしゃるの、ご自分のお父さん,お母さんを?」
水「言ってました。」
波「お父ちゃん、お母ちゃんもすごく誉めていたんだからって、涙ためて怒るんで
  すよ」
水「変な女ですね。」
波「父にいったら、喜んでね、そういう若い者で---。
  どうしても、家に呼んできなさいって、ご無理を言って、来てくださったことがあ
  るの。
  自分のことなら怒るかもしれないけど、人のことを無気になるって、素敵なこ
  とですよ。」
水「でも、はっきりいって、同い年で性格よく似てるんですよ。無気になりますよ。」
波「でも、人のことで---、とりあえず、自分のことなら怒るかもしれないけど。
  えらいな、その涙、忘れないもの、今でも。じわっとね。」(笑い)
水「じわっとって----。(笑い)
  今度、舞台、演舞場」
波「はい、十月にね、三田佳子さんがご病気で降板なさいまして。その後、新派
  という劇団が引き受けさせていただいて。
  昼の部に、あの、明治の雪という---、急に落ち着いちゃったわ,(笑い)  ち
  ょっと宣伝させていただいて---、樋口一葉さんという作家さんがありますで
  しょ、その方の生涯を私がやらせていただくんですよ。
  夜の部は、水谷八重子さん、二代目水谷八重子さんの松井須摩子 女優と
  いうのを通し狂言で---。」
水「是非、拝見したいと思います。」
波「宣伝してください。」
水「十月、演舞場です!」(笑い)
波「はっ、はっ、はっ。」
中「今日も,チータ、大汗をかいてしまいました。それでは、コマーシャルです。」

水「今日はですね、あの、ゲストに波野久里子さんにきていただいて、ありがとう
  ございました。いかがでございましたか、2時間あまりでしたけれど。」
波「なんか、クラス会にきたみたいな気がして---。」
水「あの、もう本当に、舞台が十月、待ってますけど
  是非、私達も拝見したいと思います。」
波「本当にいらしてくださいよ。」
水「わかりました。もう、必ずまいります。
  本当に、ありがとうの皆さんに会いますと、私もとっちらかってしまうんですけ
  ど、明日のお客様が---。」
波「はい、どなたですか?」
水「うちのお母ちゃんでございまして、山岡久乃さんをお迎えいたします。」
波「お母さんが出てらっしゃいますか。」
水「はい、お母さんが来ます。」
波「おてやわらかに。」
水「母さん、お願いします。」
波「はっ、はっ、はっ。」
  
  
[PR]
by nogi203 | 2005-03-27 13:55 | ドラマ ありがとう
<< さあ 世界史を語ろう。 第61... 学生無年金障害者訴訟 控訴審判決 >>