日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山城新伍,特別養護老人ホームに死す。

 山城新伍さんが亡くなった。注目すべきは,亡くなった場所が特別養護老人ホームであったことだ。これは,即ち,介護保険を利用していたということである。特別養護老人ホームへの入所は介護保険における施設サービスであるからだ。しかし、介護保険における施設サービスは利用者が希望したからといって、すぐさま入所できるものではない。まず、要介護度は問わないが,要介護認定を受けなければならない。介護保険における施設入所は要介護認定を受けることが条件であるからだ。
 特別養護老人ホームへの入所はその上、さらなる条件が求められる。寝たきりや認知症など、身体上や精神上に著しい障害があるために,常時介護を必要とする人、家族で世話をするのが困難なお年寄りという条件である。山城さんの場合,離婚して家族とは絶縁状態であったというから、身体的、精神的な状態が悪化していたなら、あとは家族で世話をするのが困難なお年寄りという条件に合致したのであろう。
 そこで気になるのは、要介護認定を受けるには、まず、介護申請をしなければならず、それを誰が行ったのかということである。家族と絶縁状態であったというのであるから、もとより家族ではない。家族でないとすれば,第三者が申請代行を行ったということになるが、本人の家族以外で申請代行できるのは以下の人達である。
 1、成年後見人
 2、民生委員
 3、地域包括支援センター
 4、指定居宅支援介護事業者
 5、地域密着型介護老人福祉施設か介護保険施設のうち,厚生労働省令で定めるもの。
 このうち、誰かが行ったか、それとも弟さんがいるというから弟さんに連絡して弟さんが行ったのか、ということになるのではないか。
 そして,もう一つ気になるのは、利用費用の問題である。山城さんは離婚の際,自宅を夫人に明渡しているというから、資産といえるものは、かなり乏しくなっていたのではないか。特別養護老人ホームに入所しても,介護保険で賄える額は要介護度による限度がある。要介護度が低ければ自己負担額はかなり重荷になる。さらに、平成17年10月の改正以降、施設でのホテルコスト(居住費と食費)は全額自己負担になっているから、資産が乏しく、さらに年金等もないとなると、相当苦しい。(低所得者には軽減策がある)
 いずれにしても、これからはこうした特別養護老人ホームで亡くなる老人が増えることであろう。
[PR]
by nogi203 | 2009-08-17 14:19 | その他
<< 山城新伍,特別養護老人ホームに... 相澤社長の会見から。 >>