日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ワイドスクランブルより 大空真弓さんとの会話 その2

 つづき

大「楽しかったですね。元気のいい姉妹(きょうだい)で、たいていは、どっちかが
  おとなしくて、どっちかが普通が---。両方、元気って、めずらしいですね。」
水「前のシリーズの時は、すごくおとなしい役でね。」
大「そう、そう、そう」
水「役者の方って、すごいなぁと。私なんか一個しかできないから。」
大「いや、いや、そんなことないですよ。」
  何か、気持ち悪い写真が映っている。(第三部、大空さんの役、育のアップ写
  真が画面に出る。)」
水「どれ?」
大「かつらだ」
水「ショート・カットってのは、始めてじゃない」
大「この役のために、あのぉ、体育の先生で、育って役で、あたし、一番できない
  のよ、体育なんて。(笑い) もう、いやになったの覚えてる。」 
水「でもね、考えてみますと、いつも、はつらつと若いじゃないですか。秘訣なん
  かあるんですか、姉さん。」
大「えっ、私、若い、そうかな。私、さっき、チータの年、聞いてびっくりしたんだか
  ら。」
水「それ、どういう意味、ちょっと---」
大「そんなになったかなって、いや、いや、本当に。私の頭の中では、やっぱり、
  いつまでも、なんていうか、若い妹だったチータが、ここに(頭の中に)ある
  わけですよ。で、自分はちゃんと年をとっているから。えっと、さっきびっくり」
水「私、5つ、さばをよんだ役でしたから」
大「ああ、そうなの。」
水「25のとき、20の役でしたから。」
大「ほう、ほう、ほう。若いよ、本当に。」
水「大空さんも若いですよ。何かしてるんでしょ、運動。」
大「何もしてない、運動が一番いやなの。」
水「いかがですかね、お姉さんにご質問がございましたら、お願いいたします。」
大「ありますよ、あなた、よく、私のところへ、泣きながら電話かけてきたわよ。」
水「いいのよ、早く、違う質問してって、いってるじゃない。」(チータ、あわてる)
大「この問題でね。」(大空さん、親指をたてる)
麻「恋人のことですね。」
水「あのね、テレビに向かって、これこれはないでしょ。」
大「でも、悲しいじゃないの、なきゃ。」
水「あっ。私に---。」
大「よかったじゃないの。」
水「すっかり、忘れていた。」
大「つくすほうなの。誰だって聞くのよ。あれほどつくして。」
水「泣いたって?」
大「あくる日、こんなになって、私は夜中じゅう聞いているから知ってるわけでしょ
  。案の定、こんになって(目のところに手を当てて) 目を冷やしなさいって、
  明日、本番だから気をつけないと---って。」(この翌日収録されたとみられる
  第三部、第三十八話では、確かに水前寺さんの目は腫れているようにみえ
  る)
麻「お相手は芸能人の方ですか?」
大「あのいそがしさの中では、その畑の人としか付き合うチャンスはなかったで
  しょ。」
麻「どうだったんですか?」
水「でも、今の父ちゃんとは違うよね。」
大「今の方は、本当に---。又、違ったタイプですものね。」
水「本当に息が切れてきた。」(笑い)
大「さっきまで忘れてて、私に聞いてんのよ、誰だっけって。」 
水「ああ、まいった。明日からまた心配だな。」
中「ええ、もう、しばらく、二三分続けたいんですけど、時間がきてしまいました。
  残念ながら、時間がきてしまいました。」

水「あのー、今日は2時間余り、おつきあいいただきましたけども、本当にいろい
   ろなお話ありがとうございました。」
麻「楽しかったぁー」
大「彼女は律儀な人だからね、今日もちゃんと手紙を下さったの」
水「なにを、おっしゃいますやら」
大「しゃべらないようにって。」(笑い)
水「ちょっとまってよ、しゃべらないようにって、何よ。
  でもね、大空さんにはですね、いろいろ、電話したり、いろいろ、その節はご
  迷惑をおかけして、いろいろ、聞いていただいてありがとうございました。
  2時間余り、楽しかったでございましょうか?」
大「楽しかったです。本当にきれいになったから、とっても幸せなんだと安心し
  ました。」
水「あの時は、泣いていましたね。」(笑い)
大「はっ、はっ、はっ。」
水「又、来てくださいね。」
大「ありがとうございます、どうも、ありがとうございます。」
水「明日は、波野久里子さんです。」
[PR]
by nogi203 | 2005-03-21 15:39 | ドラマ ありがとう
<< 愛・地球博いよいよ開幕 さあ 世界史を語ろう。 第57... >>