日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プロレスラー三沢光晴の死。

 プロレスラー三沢光晴さんが死亡した。死因はバックドロップによる頚椎損傷である。プロレスは三沢さんの業務であるから,業務中の死亡ということになる。そして、死亡原因もプロレス技によるものであるから、業務としての起因性は明らかである。業務を起因として死亡したのであるから,労働者であれば,労働者災害保険保障法による遺族補償年金、そして、労働福祉事業から遺族特別支給金が支給される。
 しかし、三沢さんはプロレス団体ノアの社長であり,労働契約でいえば使用者の立場にあって、労働者ではない。使用者であって労働者ではないということは、業務の遂行においては命じられて行ったものではないということである。つまり、業務遂行性はないということである。
 労災での補償要件は業務起因性と業務遂行性であるから、三沢さんは要件の一方を欠くことになる。従って,労災補償は受けられないことになる。
 しかし、中小事業主においては事業主といっても労働実態は労働者と変わらないものが多い。労災法ではそのような立場の中小事業主のために労災への特別加入制度を設けている。労働保険事務組合に労働保険事務を委託することが条件であるが,その特別加入制度に加入していれば事業主であっても労働災害を被った場合,労災から補償を受けることができる。
 三沢さんは社長といっても,選手としてリングに上がっていたのであるから,労働者と変わらない実態があったことは間違いない。さらに、ノアの従業員もスタッフ、選手ともに合わせて50人程度といわれているから常時使用者数という要件でも問題はない。だから、加入しようと思えばいつでも加入できた。
 もっとも、労災から受けられないといっても、ノアは株式会社ということであるから、厚生年金保険では強制適用事業所であり、三沢さんも厚生年金の被保険者であることは間違いない。となると,その被保険者期間中に死亡したのであるから、対象者がいれば厚生年金から遺族厚生年金が受けられ,同じく対象者がいれば国民年金から遺族基礎年金を受けることができる。問題は死亡年齢が46歳ということであるから、厚生年金の加入期間によって遺族厚生年金が短期要件の適用になるか,長期要件の適用になるかの違いだけではないか。
 それにしても、プロレス団体といえば、日本にはいくつかの団体があるのであろう。そのプロレス団体の中には,三沢さんのように選手自身が社長となって運営している団体もあるのではないか。そのような団体のレスラー兼社長となっている人は,今回の三沢さんのことを見て,労災の特別加入のことを考えるべきではないか。それが家族への責任というものだ。
 
[PR]
by nogi203 | 2009-06-15 15:11 | 年金話あれこれ
<< ジャニーズJRの元メンバー逮捕。 元死刑囚の年金資格。 >>